Strategic Business Insights What's New Service About SBI Contact Us 最新レポートSearch

Scan Resource Abstract

タイトル 成熟期のRFIDアプリケーション:製造およびサプライチェーン
番号 D04-2460
原題 RFID Comes of Age in Manufacturing and Supply-Chain Applications
出典 Insights
著者

Martin Schwirn

発行年 2004年
発行月 2月
Scan Monthly No. SM012
内容

 RFID技術は、既に多くの製造技術や生産方式(ジャスト・イン・タイム製造、ジャスト・イン・シーケンス組立、マス・カスタマイゼーション、リーン生産、ビルト・ツー・オーダー、デリバリー・ツー・オーダー、など)で威力を発揮している。

 またサプライ・チェーンやロジスティックスの分野では、RFID技術の導入により、サプライヤー・リレーションシップ・マネジメント、バーチャル倉庫、リバース・ロジスティックス、サプライ・チェーン・インテリジェンスなどのソリューションが実現した。

 無線ICタグを活用すれば、ERP(基幹業務統合)システムにもリアルタイム性をもたせられるようになるだろう。だが、サプライ・チェーンでRFID技術が効果的に運用されるまでにはハードルも多いようだ。初期投資の回収、標準化の進展、またデータ処理能力は拡張性といった問題指摘はもっともで、パイロット・プロジェクトではこれらの懸念に明快な答を出せていない。サプライ・チェーンの中で対立が起きる可能性は消えず、特にインターネットのB2B市場ではその危険性が高い。一部のサプライヤーは、自分たちだけが無線ICタグ導入コストを負担させられ、他のサプライヤーはただ乗りするのではないかと懸念している。

 とは言えさまざまな思惑をよそに、導入は着々と進行中だ。特に製造現場では企業が自分で標準や収集データの内容を決められるため、導入は急速で進んでいる。さらに最近ではウォルマート、米国防総省、ジレットなどが高度なサプライ・チェーンを構築しており、ほかにも導入例は多い。技術面の標準や応用が生まれる混乱期が、RFIDにも始まっている。
(15ページ)(著者:Martin Schwirn)

キーワード

 

以下のサービスは、会員権をお持ちの方のみ閲覧が可能です。
ID・Passwordがご不明の際はご連絡ください)
サマリー全文
(日本語)
こちらをクリック。(全文は英語のみの提供となります)
レポート全文
(英語)
こちらをクリック。

← レポート検索へ戻る
← 最新レポートのリストへ戻る

Copyright (C) 2009-2013 by Strategic Business Insights. All rights reserved. Unauthorized use or reproduction of all or any part of this document is prohibited. webmaster@sbi-i.com English Website