Strategic Business Insights What's New Service About SBI Contact Us 最新レポートSearch


Scan Resource Abstract

タイトル

Annual Review:  ScanプログラムのDefining Forcesとしてのウォッチリスト年間レビュー

番号

 

原題

Annual Review:  Of Scan’s Watch List of Defining Forces

出典

Scan Monthly

著者

Kermit M. Patton

発行年

2004年

発行月

12月

Scan Monthly No.

SM022

内容

Scan Monthlyの12月号では、ScanTM のウォッチリストであるDefining Forces一つ一つについて、簡潔に見直しを行い、来年もそれぞれのDefining Forceがどういった変化をし続けるかについて考察を行う。また、この機会を利用して、2004年中に集まった1200以上に及ぶScanTMのアブストラクトを再度見直し、現在のDefining Forcesリストの評価を行い、必要であれば新しいDefining Forceの追加を行う。その結果、以下の変更を行うとした。

今まで、Globalizationとしてウォッチしてきたテーマは、これからグローバル経済を変化させる重要な役割を担うChina and India (中国とインド)としてウォッチする。   

今までHealth Careとしていたトピックスを、Health and Wellness (健康医療とウェルネス)という広い視点から注視する。

Wireless Technologies(ワイアレス技術)とPervasive Computing (パーベイシブ・コンピューティング)という2分野を、2005年は一つの領域、Connectivity (コンテクティビティ/接続性)として取り上げることにした。

2004年には、センサーに関する数多くのScanアブストラクトが見出されてきたが、このことは、この分野での開発が重要な段階になってきたことを示すものである。ロボティクスとして分類されるアブストラクトが示唆することは、商業化の段階へ移りつつあることで、ロボット技術への投資が徐々に回収されてきていることである。ということで、新たにSensors (センサー)Robotics (ロボット工学)を追加している。

Attention Economy/Experience Industry (アテンションエコノミー/経験産業)はデジタルメディアがもたらす新たな課題に対応することで、企業はAttention Economyの基本に立ち戻りはじめている。そこで、2005年は、Attention Economyに替わるカテゴリーとして、Challenges in Marketing (マーケティングにおける課題)として取り上げる。

以下のサービスは、会員権をお持ちの方のみ閲覧が可能です。
ID・Passwordがご不明の際はご連絡ください)

SoC全文
(日本語)

こちらをクリック。

SoC全文
(英語)

こちらをクリック。

← レポート検索へ戻る
← 最新レポートのリストへ戻る

Copyright (C) 2009-2013 by Strategic Business Insights. All rights reserved. Unauthorized use or reproduction of all or any part of this document is prohibited. webmaster@sbi-i.com English Website