Strategic Business Insights What's New Service About SBI Contact Us 最新レポートSearch

Scan Resource Abstract

タイトル 数理分析による製薬の終焉か?
番号 SoC046
原題 The End of Actuarial Medicine?
出典 Signals of Change
著者 Greg Powell
発行年 2004年
発行月

3

Scan Monthly No. SM013
内容

 保険数理技術は、将来のコストと結果に対処することを目的として、過去のデータを分析する。ヘルスケア産業は現在、過去のデータを補完できる二つの新たなデータソースを見込んでいる。まず第一は、個人の遺伝子プロファイルをベースとしたヘルスケア・ソリューションのカスタマイゼーションに関するものである。臨床試験母集団のたった10%しか有効でないソリューションでも、もし研究者がこの10%の人たちの遺伝および代謝の特徴を区別できれば、実用可能となる。第二は、患者のゲノムを予測する機能で、非常に両刃の剣である。心疾患といった特定の疾病に対する遺伝的素因を持つ患者は、早期に疾病を予期して治療のオプションがあるが、こういった人達の保険料率を高くしたいと思う保険業者の一部から差別を受ける可能性もある。(著者:Greg Powell)

以下のサービスは、会員権をお持ちの方のみ閲覧が可能です。
ID・Passwordがご不明の際はご連絡ください)
SoC全文
(日本語)
こちらをクリック。
SoC全文
(英語)
こちらをクリック。

← レポート検索へ戻る
← 最新レポートのリストへ戻る

Copyright (C) 2009-2013 by Strategic Business Insights. All rights reserved. Unauthorized use or reproduction of all or any part of this document is prohibited. webmaster@sbi-i.com English Website